風邪は万病のもと

男性でも女性でも、風邪を引くと仕事の能率は落ちてしまいます。
鼻水が止まらない、咳が続いて苦しい、熱が出てボーっとしてしまう、体の節々がいたい、声が出ないなど、何かと仕事に支障をきたすような症状が出てきます。
子供なら風邪引いたといって学校を休むこともできますが、仕事となればそう簡単に休んでいるわけにもいきません。
特に女性の仕事は、その人でなければできない毎日のルーチンワークなども多く、又、人と接する仕事なども多いことから、風邪引いたからといって休むわけにはいかないのと同時に、周囲に移さないように気を配る必要があります。

風邪は働く女性にとって最大の敵といえます。ですから、引かないように予防することが何より大切!
手洗いやうがい、早寝早起きして体を健康に保つ、周囲で風邪がはやってきたら予防のためマスクをつけるなどして、引かないように心がけることが大切です。
又、風邪のウイルスを体内から排出するために必要な線毛運動の働きは水分補給が一番大切です。
又、ビタミンCはウィルスなどが体内で体を攻撃するのを防ぐ働きがあるので、ビタミンCの補給も忘れずに。
こういった観点で考えると、風邪の予防をしているといいながらタバコを何本も吸っている人を見かけますが、タバコはビタミンCを壊してしまう作用があるので、できれば禁煙したほうが風邪予防には効果があります。

さらに予防には、日頃から疲れをためない、ストレスをためないことが肝心です。
決算や締め切り、たな卸しが終わったら、マッサージに通う。
毎月決まった日に美容室に行く。
働く女性は、オンとオフの切り替えを定期的に行う習慣づけが大切と思います。
それも、スケジュールに入れて仕事同様に自分をいたわってあげてください。

参考サイトはこちら>>www.workingwoman.info

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website